FC2ブログ

童話を失くした明時に


童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚 (講談社ノベルス)童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚 (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
高里 椎奈

商品詳細を見る

子供も楽しめるお伽噺だったはずだが、地獄や悪魔の物語へ勝手に
書き変わっていたのです。呪われた本を遺した祖父は、実は私を
恨んでいたのでしょうか?怪異と祖父の怨嗟に怯え、笑顔を忘れた
孫娘の調査依頼をひょんなことから受けた深山木秋。祖父の屋敷を
訪れた彼は多くの妖と本を巡る戦慄の事件に遭遇する。
急ぐ真相究明!彼女の閉じた心に夜明けは来るのか?


何だか…好きなシリーズだし、楽しみにして読んだのですが、どうにも
読後感がスッキリとしません!
これは今回出てくる探偵が原因なのか?
結構ウザいです。

ストーリーも私的には何だかスッキリしないんですよね。
どこが?と言われると良くわからないんですが…

あとがきに、番外編的扱いであることと時系列がズレていると書かれて
いたのですが、それもよくわからなくて。
前作までをキッチリと記憶しているわけじゃないから、どの”時系列”へ
ズレているのか最後まで読んでも「?」です…
”薬屋探偵『怪奇譚』”になってからなのはわかるのですが…

楽しみにしていた分、余計にちょっと落胆というか。
次回作に期待です!
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する