FC2ブログ

密売人


密売人密売人
(2011/08/01)
佐々木譲

商品詳細を見る

10月も半ばを過ぎ肌寒くなってきた北海道で、ほぼ同時期に三つの死体が
発見された。函館の病院にて為田俊平の転落死、釧路の漁港にて飯盛周の
水死、小樽の湖畔にて赤松淳一の焼死。それぞれの事件は個々に捜査が
行われ、津久井卓巡査は小樽の事件を追っていた。一方、札幌大通署生活
安全課所属の小島百合巡査は、登校途中の女子児童が連れ去られた一件に、
不穏な胸騒ぎを感じていた。三か所で起こった殺人と小島の話から、次に
自分のエス(協力者)が殺人の狙いになると直感した佐伯宏一警部補は、
一人裏捜査を始めるのだが・・・・・・。


何気なく手に取ったら、シリーズ物の5作目でした。
文中で語られる事件とかが、これまでのシリーズの話なのかな?とは
思いましたが、特に最初から読まないと解らないという事もなく、
面白かったです

警察小説で、推理じゃなくて捜査ですけど、3方向から詰めていっていて
読み応えはあるけど、読みやすい!
結構グイグイ読めました。
ちょっとTVの2時間ドラマスペシャルっぽい感じではありますが。

これは今までのシリーズもぜひ読んでみたいですね!
でもこのシリーズ、主人公は誰なんでしょう?
津久井卓巡査?小島百合巡査?佐伯宏一警部補?
私は佐伯宏一警部補が主人公なのかと思ったのですが、巻末にあった
4作目の紹介文はどう見ても小島百合巡査が主人公っぽい…
主人公は誰だ!
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する