FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百万のマルコ


百万のマルコ (創元推理文庫)百万のマルコ (創元推理文庫)
(2007/03)
柳 広司

商品詳細を見る

黄金が溢れる島ジパングで、大冒険の末、黄金を捨てることで莫大な黄金を手に入れた―。囚人たちが退屈に苦しむジェノヴァの牢。新入り囚人“百万のマルコ”ことマルコ・ポーロは、彼らに不思議な物語を語りはじめる。いつも肝心なところが不可解なまま終わってしまう彼の物語。囚人たちは知恵を絞って真相を推理するのだが…。


『ミステリ』というより『とんち』な感じです。
一休さんの世界的な?
1編1編が短くて、そして読みやすくて、ちょっとした頭の休憩にいいかな?

牢屋のなかで語られるマルコ・ポーロの物語なのですが、それを聞く囚人たちが
なかなか楽しいです。
ない知恵を絞って考える姿も面白いし。

ミステリや冒険ものじゃなく『とんち』の本として、ゆったりと頭をほぐして
囚人たちと一緒に考えて、読むのを楽しみましょう!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。