FC2ブログ

パンとスープとネコ日和


パンとスープとネコ日和パンとスープとネコ日和
(2012/04/15)
群 ようこ

商品詳細を見る

母を亡くした50歳のアキコは、編集の仕事を辞めて調理師免許を取り、母が経営していた食堂を継ぐことになった。従業員は近所に住むサバサバした性格でよく気がつく真面目なしまちゃんの一人だけ。メニューは2種類から選ぶボリュームのあるサンドイッチとスープ、サラダ、小さなフルーツのすっきりシンプルなもの。食材はできるだけ無農薬もしくは低農薬のものを使って、色々な評判に揉まれながらもアキコなりのこだわりと誇りを持って働き続けていた。そんなある日、生まれてこの方一度も会ったことのなかった、今は亡き実父の話しを聞くことになり、アキコの異母兄弟が住んでいる町まで出向くことに。一方、唯一の家族であるネコのたろちゃんには異変が起こり・・・・・・。


ほのぼのとして淡々とした、ネコとカフェの話なのかな?と思って読み始めました。
例えるなら『しろくまカフェ』人間版のような?
でも思っていたのと、ちょっと違う感じですね。
淡々としたストーリーではあるけど、ほのぼのではないような?あるような?

主人公アキコは淡々と、そしてほのぼのと生きようとしているけど、周りがそれを
邪魔している感じ。
これはコレで読後感はそんなに悪くないし、良かったけど。
でももっとカフェとネコを全面に押し出した、ほのぼのまったりとしたお話だと
もっと嬉しかったのになぁ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する