FC2ブログ

風の影


風の影 (上) (集英社文庫)風の影 (上) (集英社文庫)
(2006/07/20)
カルロス・ルイス・サフォン

商品詳細を見る

風の影 (下) (集英社文庫)風の影 (下) (集英社文庫)
(2006/07/20)
カルロス・ルイス・サフォン

商品詳細を見る

1945年のバルセロナ。霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。謎の作家フリアン・カラックスの隠された過去の探求は、内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる…。17言語、37カ国で翻訳出版され、世界中の読者から熱い支持を得ている本格的歴史、恋愛、冒険ミステリー。

謎の作家フリアン・カラックスの過去が明らかになるにつれて、ダニエルの身に危険が迫る。一方、彼は作家の生涯と自分の現在との不思議な照応に気づいていくのだが…。ガウディ、ミロ、ダリなど幾多の天才児たちを産んだカタルーニャの首都バルセロナの魂の奥深くを巡る冒険の行方には、思いがけない結末が待っている。文学と読書愛好家への熱いオマージュを捧げる本格ミステリーロマン。


面白かったです
実は読み始めはちょっとイマイチかな〜?と思っていたのですが、気がつけば
のめり込んでいました!
「忘れられた本の墓場」がもっと色々とかかわってくるのかと思っていたけど、
ここはあまり重要場所ではなかったのがちょっと残念ですが。

最初は、「忘れられた本の墓場」やフリアン・カラックスの謎を追う物語だと
考えていたんですが、フリアン・カラックスは追いかけているけど、謎を追う
というより愛と憎しみの物語ですよね。

上下巻でそこそこページ数もあるし、すごく読みやすいわけじゃないけど
読んで良かったです。
天使のゲーム』も図書館で予約しているので、こちらも楽しみ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する